うつ病イクメンの健康生活委員会

男にも更年期があります。 40歳を過ぎた後、心身ともに不調になり実感しました。 不眠に陥り、仕事や日常生活にも支障が出てきて、自殺まで考えたこともありました。 幸いにも、良い精神科医に出会い、薬で症状が収まり、安眠できるようになりました。 今は、薬を飲みながらも、ストレスを抱えないように読書や映画を楽しみ、よく眠れるように、アロマやストレッチをし、健康であり続けるために、ウォーキングやグリーンスムージーに励んでいます。 同じ症状に悩む人に参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

環境音楽アプリで質の良い眠りを

田舎に住んでいますので、騒音とは無縁の生活ですが、眠る時には、まったくの無音では、落ち着きませんし、なかなか寝付けません。

そこで愛用している環境音楽アプリを紹介します。

まずは、mindwave2。

f:id:secretagent1969:20131007155053j:plain

いわゆるα波系のアプリですが、効果があるかどうかは個人差があると思います。ですが、信じている私には効いています。

基本的に英語のアプリですが、appstoreの紹介文が一部日本語ですので、それを参考にしてメニューを選んでいます。

眠る時には、sleep induction for chattery minds. あれこれ頭に浮かぶ時の遊眠が、効果絶大です。

f:id:secretagent1969:20131007155910j:plain

その他、deep relax with just tonesはリラックスしたい時、study helperは集中したい時など、その時の状況に応じた脳波?に働きかける音楽が豊富で重宝します。

もうひとつ、よく使っているアプリが、Ambience。

f:id:secretagent1969:20131007160413j:plain

このアプリは無料なのに、波の音や雨音、瞑想用の音源を好きなだけ取り入れることができます。


しかも、複数の音源を自己流に組み合わせるremixができます。さらに寝る前に流しても寝た頃に止められるタイマー付きです。

こちらのアプリも日本語化はされていませんが、操作は難しくないので、誰でも使いこなせます。

私が常用しているremixは、どこか外国の浜辺の波音に、スローな心臓のビート音、そして、Traveling と名付けられた瞑想用の環境音楽の組み合わせです。

しかも、Mindwave2とAmbienceは同時に利用できます。2つのアプリをさらにリミックスすると、あっという間に眠れますよ。お試しください。